デリケートゾーンの黒ずみを改善するために続けていること

デリケートゾーンの黒ずみが気になり始めたのは、20歳くらいの頃でした。正しい洗い方をしていないと、においの元になるという話を友人達がしていて、自分のデリケートゾーンが気になって確認しました。臭いが気になるのももちろんそうだったのですが、黒ずんでいる様子に自分でもビックリしました。

黒ずみの原因は、ターンオーバーができていないことや下着による摩擦などが考えられることも分かりました。これまでは、デリケートゾーンの臭いを気にするあまり、石鹸でゴシゴシ洗ってしまっていました。これは臭いを悪化させる原因にもなりますし、肌に負担をかけて、ますます黒ずみを生み出すことにもなっていたと気付きました。

早速対策をしなければと思ったので、デリケートゾーン専用の石鹸を購入しました。そして、その石鹸を優しくネットであわ立ててから、フラフワにしてデリケートゾーンに使うようになりました。数週間で効果を実感でき、臭いもそうなのですが、黒ずみが随分薄くなりました。

そして、保湿も心がけるようにしました。デリケートゾーンは、下着による刺激にも弱いので、肌を保護する意味でも、寝起きとお風呂上がりは常に保湿をするようにしました。肌がしっかり保湿できていることによって、摩擦の刺激からも守ることができるようになりました。

また、下着自体も見直しをしました。これまでは、デザイン重視で購入していましたが、肌に優しい素材の下着を選ぶようにして、ほぼそちらに切り替えています。

自分にできることを少しずつですが、実践することによって、デリケートゾーンが綺麗になりました。ただ、今行なっている習慣をやめてしまうと、戻るような気もします。だから、気を付けることができる限りは、この習慣は続けていきたいと思います。

これまでは、ビキニも恥ずかしくて着ることができませんでしたが、黒ずみがないVラインにも自信を持てるようになりました。ケアの大切さを痛感しています。

>>黒ずみどこが気になる?デリケートゾーン?膝?わき?解決するためのクリーム・ジェルランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です