ハワイ旅行に持っていくと良い意外なもの5選

waikiki

日本人が大好きなハワイ。

リピーターもとても多く、またハワイに行きます!という人も多いのではないでしょうか。

さて、そんなハワイ旅行に持っていくと良い意外なものをピックアップしてみましたよ。

特に初めてハワイに行かれる方は必見!是非チェックしてみてください。

 

1.サンダル&サングラス

 

suglass

「え!意外でもなんでもないじゃん!」と思われますか?

そう、ハワイでの必需品、サンダルとサングラス。

実はこの2つ、「現地で調達するのもいいですよ」とよく言われているのです。

ただでさえ荷物が多いので、「そうかそうか、荷物も減るし向こうで買えばいいよね」と思って持っていかない方も多いもの。

でも、断言します。絶対に日本から持って行った方が良いです。

その理由は、「着いたらすぐに使うから」それ以外の何ものでもありません。

ホノルル空港におりたったその瞬間から、平均気温が25℃の常夏・ハワイ。

日本の夏とは違ってかなりカラッと気持ちよい暑さではあるものの、飛行機内との温度差もあって足元からむわっと暑く感じますし、また、紫外線量も日本の4~5倍と言われているので皮膚や目への負担も相当なものです。

この気候へといち早く対応するためには、体温を逃がすためのサンダルと、目を保護するサングラスがすぐに必要になるわけですが、現地調達をもくろんで持参しないと、フライトで疲れ切ったカラダを引きずりながらワイキキ中を探し回らなければなりません。

気に入ったものが見つからないと、最悪2日、3日と、サンダルなし、サングラス無しで過ごすことになるかも・・・?

この2つは日本から機内に持ち込んで、着陸前にしっかり自分に身に着け、準備万端でホノルル空港へ。これが正解ですよ。

 

2.電子書籍

 

ebook

日本からハワイへの行きのフライトはほとんどが夜発なので寝ていく人が多いと思いますが、ハワイから日本への帰りのフライトは昼間または夕方のため、ずっと起きている人が多いと思います。

時差ボケにならないためにも、帰りの便は寝ないで帰ってきた方が良いそうです。

もちろん、機内に備え付けてある映画などを観て過ごしてもいいのですが、せっかくなので普段ゆっくり読めない本の読書の時間にしたいという方も多いはず。

ところが、普通の書籍は重くかさばるため、帰りの便のためだけに持っていくのもスーツケースの容量を考えると遠慮したいところ。

そんなときに便利なのが、電子書籍です。

場所をとりませんし、たくさんの本データを入れてもっていけるので、暇つぶしにはもってこいです。

暗い機内でも電子書籍ならライトをつけずに読めますし、他の乗客の邪魔にもなりません。

ハワイ現地で、公園やビーチでゆっくり読書を楽しむのもいいですし、ハワイ情報の本を入れておけばガイドブック代わりにも。

いろんな使い方ができるので、とってもおススメですよ。

 

3.冬用ブランケット

 

blanket

常夏の島・ハワイ。

とても暑いイメージからか、飛行機内から薄着の人もいますが、これはNGです。

ハワイ行きに限らず、飛行機内は寒いものです。よほどの暑がりの人でない限り、ブランケットが必須!

ちなみに、機内で配られるブランケットがありますが、女性の方だとそれだけでは寒くて耐えられないかもしれません。

そこで1枚機内に持ち込んでほしいのが、冬用のブランケット。

「え!こんなのハワイに持っていくの?」

というくらいの、真冬に身に着けるようなふわふわしているものが1枚あると安心です。

機内備え付けのブランケットは足元に、持ち込んだブランケットは肩にかけておけば、防寒対策ばっちり!

行きの飛行機で寒さで震えてしまうと、せっかくのハワイが体調不良で全然楽しくなかった、なんてことに・・・。

とにかく機内ではカラダを冷やさないように、しっかり防寒しましょう。

4.着圧ソックス

 

chakuatsu

なにかと使えるのが、着圧ソックスです。

エコノミークラス症候群というものがあるように、機内で7~9時間を過ごしていると、カラダがものすごくむくみます。

定期的に立ったり座ったりをすればよいのですが、座席的にそれがしづらい場所だと、ついつい遠慮してずっと座りっぱなしなんてことも・・・。

特に足のむくみは顕著で、履いてきた靴がホノルルに着いた瞬間に入らないこともあるほど。

そこで履いておくと良いのが着圧ソックスです。むくみ防止に効果的で、フライト後の足の軽さが全然違います。

また、ハワイでいろいろなアクティビティに参加していると、1日中歩き回って足が疲れることもしばしば・・・

そんなときに、着圧ソックスをつけてホテルで過ごすと、次の日は足がとっても楽に。疲れを引きずらずに翌日をエンジョイできますよ。

5.しょうゆ味のおせんべい

 

osenbei

ハワイ滞在も後半になると、無性に日本の味が恋しくなるもの。

特に、醤油や味噌などの日本ならではの調味料は、禁断症状がでているのでは?と思うほど心から欲するようになります。

ハワイには日本料理店も多いので、食事をそういった場所でとるのも一つですが、せっかくハワイに来たのに日本食を食べるなんて・・・とちょっともったいない気持ちにもなりますよね。

そこで、手軽に食べられるしょうゆ味のおせんべいを持っていくことをおススメします。

ちょっと口恋しくなったときに、バッグから袋を取り出してカリッと食べる。それだけでだいぶ禁断症状の呪縛から解放されます。

お口の恋しさはお菓子でちょい満たし。

お腹はハワイのおいしい料理でいっぱいに満たしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です